111127 脯(ほじし)とは干肉のこと。生肉を保存するのに醢(しおびしお、塩漬け)か干肉にするくらいしか方法が無かった時代、干肉は味も良くなるし、長期保存にはむいていたと思う。

 10月に生ハムを作り損ねたので、牛の赤身を1cm厚に切って、1昼夜塩漬けにして干肉にした。屋外の最低気温が氷点下になるので、室内で扇風機の風に当てながら2日間、指で挟んで肉の内部がふにゃっとしないくらいに乾燥したら完成。味付けは塩だけでも良いけど、コショウを少し入れた。自慢のナイフで削りながらおやつに食べるのが最高。

” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    美味しそうですね!!
    アルコールは嗜まれない南さんですけど、これ、のん兵衛向きじゃないでしょうか?
    お湯割りに干肉って結構バッチリですもん。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    オイラ、呑兵衛ですが
    歯が弱いので干し肉は苦手ですが
    自慢のナイフですか?!

    自分も職人さんに加工して貰ったナイフが有るのですが、あまりにも切れ味がイイので恐ろしくて使っていません。^^;
    イイことを教えて貰ったので試してみます。^^

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ケイさん、こんばんは
    のん兵衛には最高の肴になると思います。
    お酒に縁がない我家では、おやつになってしまいます。
    昔、西部劇を見て、街角で干肉をナイフで削って食べ
    るのにあこがれました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    牛は干したら堅くなるので、ナイフで小さく削りながら
    食べるので、歯の負担は大丈夫です。
    ナイフは、数十年まえに親父が山で使っていた鋸から
    鋼を切り出して自作したものです。
    普段、切れない刃物を使っている人は、切れる刃物を
    使うと大怪我をするので気を付けてくださいね。
    今度、自作のナイフを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です