秋のコーヒー

110927 芝が緑白色に波打つ寒い朝、カメラを肩にかけて日の出を待つ。10度以下の凛とした空気が、山の端から差し込んだ光で、少し優しくなったら、暖かいコーヒーを飲みに行こう。
 車中泊の車の中もすっかり冷え込んで、冷たい掌が暖かいコーヒーで温められると、ブナリン ワゴン カフェの手焼きオータムブレンドの苦みばしった香りに包まれる。110926
 けっこう、甘いアンパンとの相性も良かったりして、今日も元気に山歩きができそうだ。

秋のコーヒー” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    冷え冷えとした朝露の冷たさが伝わってきます。

    化石で濾過された水で入れたコーヒーですか!
    きっと 何万年前の恐竜の味がするんでしょうね。

    そんな事 無いですか?^@^;

  2. SECRET: 0
    PASS:
    黒松内低地帯には、貝や珊瑚などが堆積してできた地層があって、たまたま農家の畑から出るというので、少し貰ってきました。化石というより、貝殻の塊ですが、まだ車に積んであります。
    近々、写真に撮って紹介します。
    恐竜の味は分からなかったけど、寒い朝の暖かいコーヒーは最高です。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ブナリン ワゴン カフェは化石を通った湧き水を使って
    いるのですか?
    ミネラルたっぷりの美味しい水なんでしょうね。
    コーヒー、ご相伴したいです♪

    化石、、、拝見したいです。
    娘が考古学に居ましたから、興味津々です。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    化石というより、貝殻地層と言うらしいのですが、
    明日は雨が降らないようなので、写真を撮ります。
    それほど大事ではないのですが、貝殻の塊なので、
    触るとくずれるから家に持ち込みたくないです。

    黒松内に「水彩の森」というミネラルウォーターを
    作っている会社があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です