函館本線伊納駅

滝川行き普通列車(旭川発10:21、滝川着11:21)、伊納着10:32。伊納駅は、特急や急行が止まらない小さな無人駅です。それでも旭川と札幌間にある駅なので、1時間に数本の列車が往来しますが、停車する普通列車から降りてくる人はいませんでした。
161117-1

函館本線伊納駅” への2件のコメント

  1. 南さん お久しぶり〜〜〜!!
    こちら、20年ぶりの寒波で 裏山に雪が いっぱい!!
    ジイさん&バアさん ビビりながらの 頂上のチョイ急斜面に挑戦しました。
    何とか 無事に滑り 「良かったねえ〜〜」と 駐車場へ降り立ち、、、
    、、スキー靴を 脱ごうとして、、ギャッ、、痛え〜〜ッ、、
    ギックリ腰….>_<….. じゃと。
    明けて 今朝、、まだ痛いそうです。

    南さんは 北海道育ち?
    スキー、スケート、歩くのと 同じ感覚で 出来るんでしょうねえ、、、
    北海道育ちの友人 80歳の今も どんな急斜面も 怖くないそうです、、、
    滑るのも 歩くんと 同じじゃあ〜〜〜と 言います、、、ううううう、、、

  2. お久しぶりです。
    こちらの冬は寒いのが当たり前で「さむいね」があいさつ代わりです。でも降雪量は年によって大きく違います。毎年の除雪機に使うガソリンの量でもわかります。
    北海道では、降雪の多いところと少ないところで、スキーとスケートのできる割合が違います。太平洋に面した地域は、雪が少ないのでスケート、オホーツク海と日本海に面した地域ではスキーです。
    旭川では、就学前の子供からスキーをします。小学生の時から学校でスキーの授業がります。みんなと一緒に滑られるように、休日に子供をスキー場へつれて行って練習させる親も多いし、家族でスキーを楽しむこともあります。
    私は旭川生まれの旭川育ち、スキーは得意ですよ。最盛期は週5でスキー場に行ってました。今はゲレンデでのスキーはやりませんが、山スキーやスノーシュウでトレッキングを楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です