ドカン

 千葉県は内房の海で生活をされている人たちの防寒具として、野外手帳(白土三平)に紹介されていたものです。1996年発行の第7刷で見ておみちさんに作ってもらい、冬のアウトドアーで20年近く愛用しています。ネル生地約80×50cmの短辺を縫いあわせで筒状にしたもので、通常は襟巻きにし、風があって寒いときにはほっかぶりします。地味でネルの野暮ったい感じが、海の男らしいでしょう。庭の除雪などでは、薄手のマフラーを縫い合わせたドカンを作ってもらって使っています。内房では女性もドカンを利用しているようで、それぞれがおしゃれなガラのドカンを手作りするようです。
 野外手帳は1993年に初版後、版を重ねていましたが、いまは再版されていないようで、残念です。
どかん

ドカン” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 1db8e78834bc1c9da175c29fd10ad4da
    色も柄もおしゃれですね!!
    流石おみち師匠、センスが違うなぁとつくづく。。。
    ドカン、これは最高にいいですねぇ。
    昔、馬の仕事をされていた近所のお兄ちゃんが確かこんな感じの
    ものを首に巻いていたような気がします。
    色もぱっとしない地味なものでその頃はイマイチの印象でしたが、
    このドカンは野趣に富んでいて最先端ですよ。
    ネックウォーマーの元祖ですよね!!
    Kiiさんが「これいいよ。最高だよ、きっと」と煩いです。(笑)
    野外手帳、図書館に申し込んできました。
    再版して欲しいです!!
    モデルさんは羊さんですよね?
    可愛い♪

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私の父親も、夏は手ぬぐい、冬はマフラーでほっかぶりをしていましたが、その時はドカンはなかったです。オホーツクでは、奥さんのでしょうね、ネッカチーフでほっかぶりをしている年配の人は見かけますが、ドカンの風習はないようです。
    最近は、ネルも珍しくなりましたね。
    ブログのアフリをはずしたら、少し見やすくなりました。今年は、頑張って更新をしたいと思います。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です