しずくの子

雫の中に青い空と緑色の笹が逆さになった小さい宇宙がある。凍っていた雫の中に、融けはじめた結晶が放射状にひろがり、尖った結晶の先に小さい太陽がいっぱい。凍りつくような木枯しに吹かれて絶えていた雫は、真昼の陽射しに危うくなって、小さく揺れた小枝の先からこぼれてしまった。
雫

しずくの子” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 1db8e78834bc1c9da175c29fd10ad4da
    こんな滴の子はまだ御目文字したことがないのです。
    とっても素敵♪
    しずくを探して庭中を行脚しそうです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「♪落ちるな雫の子 頑張れ・・・」って、紙ふうせんの歌があるんだけど、
    見るたびに、鼻歌が出てしまいます。
    しずくの中に結晶があるのは、この時期だけですね。
    凍りすぎると色がくすんでしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です