川霧

 立春が過ぎて日が長くなってきましたが、北国は厳寒期の真っ只中です。シバレタあしたに少し早起きをして、石狩川へ川霧を撮りにいきました。途中、車のライトをつけるほどの霧で、遠景がほとんど望めませんが、逆光になる右岸に作業用の道が除雪をしてあったので、そこへ車を乗り入れました。薄着のまま出かけたので骨の髄まで凍りつくような寒さでした。
 枝にモールのように付いた霧氷と川面から立ち上る川霧、かすかに流れる風であっという間に変わる光彩、寒さをこらえて、シャッターを押し続けましたが、これが限界でした。エンジンはかけっぱなしだったので、車内は暖かいはずなのですが、家に帰ってからもしばらく凍り付いていました。戸外の温度計はなんと氷点下25度以下、次の日まで鼻水が止まりませんでした。
石狩川

川霧” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ,ホント シバれた朝霧の日は気分が良く 錯覚を起こしますよね。^^;
     家を出た瞬間は 走馬灯の様な幻覚に誘い出され ゆらゆらと・・・
    もっと もっと の欲望の時間が 鼻水に・・・
     オイラ、腰痛で 叙窓フレームからフムフムです。・・^^;

  2. SECRET: 0
    PASS: a65483de95448d88af85b9c86414d7ed
    以前は準備をしてから日の出前から出かけたのに、最近は朝起きて外を眺めてから出かけるので、準備不足ですね。
    日が長くなって、川開けしてからが川霧の発生が多くなり、これからが本番です。
    いままで、腰痛に縁が無かったのですが、冷えすぎると痛くなるので気を付けていますが、だんだんと出不精が身についてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です