北海道のかんじき

かんじき 北海道のかんじきはサラサラ雪に対応し、細い板を曲げてやや大きめに作られた。板は曲げに適したヤマグワで、軽くて弾力性があり、加工してもひび割れしない。もちろん、雪上の歩行具や山仕事がおもな用途だが、留萌地方などでニシンがたくさん獲れたころは、山積みにされた魚の上を歩くのにも使われた。
 「和かんじき」「輪かんじき」など呼称もいろいろありそうだが、「かんじき」または「輪かんじき」がもともとの呼名で、「和かんじき」はスノーシューなどに対して、日本型の「かんじき」と言う意味で使われだしたのではないかと思う。

北海道のかんじき” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    昔 農家だった我が家にも有りましたね。
    でも 結び方が分らず いい加減に結ぶと
    すぐ外れたり、絡んだり、大変でした。
    定石の結び型有るんでしょうね?
    オイラも
    ブログにスノーシューを入れました。

  2. SECRET: 0
    PASS: a65483de95448d88af85b9c86414d7ed
    このタイプの結び方は、簡単ですよ。
    難しく結びすぎると、緩んでしまいます。いつか、記事を書きます。
    新潟などの豪雪地帯で使われる、網状のかんじきは難しいので、はく度に
    知恵の輪をやっているみたいになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です