暖かい飲み物

 真空断熱のケータイマグ(ボトル)と、チタン二重構造のマグ(カップ)の優れた保温で、スノートレッキングの雪中で、暖かいお茶が飲める。
 ケータイマグは、直接口を付けて飲むことができる構造だが、朝に熱湯を入れていくと、昼食の時でも熱すぎで火傷の危険がある。ケータイマグは350ccと湯のみ約3杯分の容量なので熱湯だけを入れ、昼食はお茶、休憩の時はコーヒーや紅茶など別のものを楽しむことができる。500ccのケータイマグも発売されている。カップは「雪峰」150ccはほぼ湯飲みの容量、保温性が高く雪の上に置いて使っても、冷えた体には暑すぎるくらいだ。
 購入して4冬目をむかえたが、今では冬のトレッキングには欠かせない相棒となっている。

暖かい飲み物” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    確かに高い。
    プータローには堪えたけど、今までむやみに買った道具の中では、満足しています。
    ブログの解説おめでとうございます。
    会員登録しないと、コメントできないようなので、帰ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です